ピックアップ

『忘れられたその場所で、 』 倉数茂 interview


倉数茂 初映像インタビュー

2021年5月に刊行された注目のミステリー×幻想作品『忘れられたその場所で、』を中心に、創作や執筆について語っています。

以下はポプラ社のサイトの記載です。

  †

本格的な社会派ミステリーと神秘的な幻想ホラー。
両者が巧みなバランスで作中に並存しつつ、互いの闇を照らし合う。
――この読み味、僕はとても好きです。
――綾辻行人

人ならざるものを見てしまう高校生の美和は、雪の中道に迷い、見知らぬ街に迷い込む。その一角に、割られた窓ガラス越しにじっとこちらを見ている男がいた。男は死体だった。
一方刑事の浩明は、死体発見の報を受け、現場に駆け付ける。被害者の斗南という男性は、数日間体の自由を奪われ、食事も与えられないという残虐な方法で殺されていた。浩明は同僚の絵美とともに斗南の過去を探るのだが、予想外の事実が浮かび上がり――。
『名もなき王国』の著者が放つ野心作!

関連記事

  1. Toshiya Kameiさんに驚く(+執筆・翻訳抜粋リスト) …
  2. ヘディングはおもに頭で  西崎憲
PAGE TOP