惑星と口笛ブックス

チャックとさすらいの黒猫楽団 戸田ゆうか


 地方の町で暮らすサックス吹きのチャックは、広い世界を求めて孤児のぺぺとともに大きな街を目指す。
 しかし待っていたのは厳しい現実だった。チャックは打ちひしがれ、音楽を忘れていく。
 失意のうちに街を行くチャック。どこからともなく耳に届く歌声、そして人々の歓びの声——。

 お待たせいたしました。『ジミーと夕焼けの黒猫楽団』につぐ、黒猫楽団シリーズ第2作。

 価格600円。

アマゾン
楽天

抜粋

戸田ゆうか(とだ・ゆうか)
岐阜県生まれ。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース卒業。
デザイナーとして企業で働く傍ら、絵本やイラストの創作活動を始める。
ジャズフルートを森重史敬氏に師事。
都内のライブハウスやカフェで演奏している(歌とフルート)。
絵本第1作は『ジミーと夕焼けの黒猫楽団』(惑星と口笛ブックス)。
東京在住。

関連記事

  1. ブラック・ジャック・キッド 久保寺健彦
  2. 対岸にいる男 ノリ・ケンゾウ(乘金顕斗)
  3. ななつの娘と夜の旅 石の巻 北野勇作
  4. ギョウザとわたし ―餃子和我― 南條竹則
  5. 四月のストーブ 仲田有里
  6. 温泉と城壁 北野勇作
  7. わたしが書きたい詩の言葉だけ 書けない 伊川佐保子
  8. よぎりの船 小田雅久仁
PAGE TOP